fc2ブログ
 
■プロフィール

シニアユニオン東京

Author:シニアユニオン東京
シニアユニオン東京は、シニア世代の労働組合です。
定年再雇用後の労働条件など、相談から交渉、解決へとつなげています。
電話03-5315ー4406 へご相談ください。
毎週火曜日が集中相談日です。

■最新記事
■最新コメント

■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■QRコード

QR

アマゾン配達員に労災認定
 9月26日横須賀労働基準監督署は
アマゾンの荷物を配達中に転倒し大け
がを負った労働者に、労災保険法上の
「労働者」と認めて休業補償の給付を
決定しました。
 アマゾンは多くの下請け配送会社を
使い、そのもとに「個人事業主」という
名で労働者を使う行為をおこなってき
ました。
 その実態は、アマゾンの管理する専
用アプリを通じて指示されるもので、実
質上は指揮監督を受けるものです。
 今回の認定はこの事実を受けて判断
されたものです。
 アマゾンは「アマゾンの委託先配送業
者に対するものであってアマゾンに対す
るものではない」と責任ある態度を見せ
ていません。
 今回の認定を生かし多くの「個人事業
者」という名で働いている労働者の権利
保護のためにさらにがんばっていきまし
ょう。 (U)

質問・相談は下記へ
シニアユニオン東京
 TEL 03-5315-4406
 FAX 03-6709-8957


スポンサーサイト



労働法制・長時間労働 | 13:47:38 | コメント(0)
名古屋自動車学校裁判についての最高裁判決
 去る7月20日、名古屋自動車学校に
ついての最高裁判決がだされました。
結論は、高裁への「差し戻し」です。
 この裁判は一審二審ともに労働側が
勝訴したものです。この二審の判断は
基本給の60%を下回る賃金の減額は
「生活保障の観点からも看過しがたい
水準」というものです。
 働く普通の労働者の感覚からすると
あまりにも当然のものです。
 今回の「差し戻し」判決はこれすら否
定するのかと思ってしまいます。
 いま定年を迎える労働者は65歳まで
年金の支給がありません。
生活の維持のためには賃金が頼りです。
生活できない賃金を是とする風潮は変え
なければなりません。
 皆さん、この現状をちょっとでも良くする
ために力を合わせてがんばりましょう。(U)

疑問・質問・相談は下記へ
シニアユニオン東京
 TEl.03-5315-4406
FAX.03-6709-8957


高齢者雇用 | 18:39:26 | コメント(0)
最低賃金が変わります。…10月1日から
・今月から最低賃金が変わります。
 東京   1072円→1113円
 神奈川 1071円→1112円
 埼玉   987円→1028円
 千葉   984円→1025円
その他の地方では、1000円に
届かないところが圧倒的多数です。

・物価高騰が続く中、この金額で生活
 が保障できるわけではありません。
・でも、まずは自分の賃金がこの最低
 賃金をクリアーしているか確認しまし
 ょう。(U)

 疑問・質問・相談は下記へ
シニアユニオン東京
  Tel.03-5315-4406
Fax.03-6709-8957


労働法制・長時間労働 | 18:22:00 | コメント(0)
シニアのみなさん、雇用・生活は守られていますか
雇用・生活は守られていますか
 最近、定年時や再雇用時に会社からの
攻撃が目立ちます。
1.定年前の退職勧奨(退職強要)
  ・全体の仕事量が少ない。
  ・あなたの仕事は無い。
  ・後進に道を譲ってくれ。
   …などありませんか。

2.定年時の再雇用の条件切り下げ
  ・定年後は給与は50%にしてくれ。
  ・定年後は勤務時間を減らしてくれ。
   「勤務時間は6時間とか」
  ・勤務日数の削減
   勤務日は週3日とか

3.勤務場所の変更や職種転換
 ・勤務地は△△だ。行ってくれ。
   (通勤時間は2時間以上かかるとか)
  ・仕事は○○の倉庫になる。
   (事務系仕事から現場作業に)

4.系列会社への出向、転勤
  ・定年後は▽▽社へ行ってくれ。
  ・定年後は□□地方へ行ってくれ。
   …など言われていませんか。

 困った、どうしたらいいだろうか?
そんな時はまずユニオンに連絡して相談
しましょう。一人で会社に立ち向かうのは
困難です。仲間の力を借りて会社に立ち
向かいましょう。(U)

シニアユニオン東京
TEL.03-5315-4406
FAX.03-6709-8957


高齢者雇用 | 14:21:28 | コメント(0)
最低賃金の引き上げ目安額が決まる
最賃改訂
 8月23日、2022年度の最低賃
銀の引き上げ額をめぐって、中央
最低賃金審議会が引き上げの目
安額をまとめた。
 現在の平均額から平均31円
引き上げで、全国平均で961円
する方向である。
ランクごとの目安額は以下の通り。
Aランク
 東京     1072円
 神奈川   1071円
 埼玉     987円
 愛知     986円
 大阪    1023円
Bランク
 栃木     913円
 山梨     898円
 静岡     944円
 京都     968円
 広島     930円
Cランク
 北海道    920円
 群馬      895円
 新潟      890円
 福岡      900円
 徳島      855円
Dランク
 青森      853円
 福島      858円
 鳥取      854円
 宮崎      853円
 沖縄      853円
改定額は今年の10月以降に順次
改定される
予定である。
 さてみなさん、この額で本当に生
活ができるでしょうか。
政府目標の「早期に千円以上」に
は届かず、私たちが目標とする最
低1500円にはまったく及ばない
額です。
 物価高騰が続き、今後もさらに続
きます。
 みなさん、力を合わせてさらなる
大幅引き上げめざして頑張ろう。 

労働法制・長時間労働 | 16:46:35 | コメント(0)
次のページ